サンプル
 .NET-Web(3件)
 .NET-サービス(1件)
 .NET-ネットワーク(1件)

 VB6-GDI(15件)
 VB6-IME(2件)
 VB6-MCI(3件)
 VB6-RAS(5件)
 VB6-Shell(10件)
 VB6-Window(10件)
 VB6-アイコン(1件)
 VB6-インターネット(3件)
 VB6-クリップボード(1件)
 VB6-サービス(4件)
 VB6-システム(14件)
 VB6-セキュリティ(20件)
 VB6-その他(32件)
 VB6-ネットワーク(21件)
 VB6-ファイル(6件)
 VB6-レジストリ(2件)

 VS2005-その他(1件)
 VS2005-ネットワーク(2件)
 VB6 - Window
1.VBより起動したアプリケーションハンドル取得
更新日:1998/09/07 環境:VB6 分類:Window サイズ:5 KB
EnumWindows関数を使用して、VBよりShell関数で起動したアプリケーションのウインドウハンドルを取得し、終了を制御します。
確実なウインドウハンドルが取得できる保証はありません。

2.Windowのサイズ、タイトルの取得、設定、Windowハンドルの取得
更新日:1998/02/02 環境:VB6 分類:Window サイズ:2 KB
フォームのハンドル取得、Windowサイズ、位置、タイトルの取得設定。

3.Windowのサイズ、位置設定
更新日:1998/02/02 環境:VB6 分類:Window サイズ:2 KB
フォームを一番手前に設定します。フォームのサイズ、位置変更。

4.ある名前のついたウインドウを探す
更新日:1998/02/02 環境:VB6 分類:Window サイズ:2 KB
現在既に、あるアプリケーションが起動しているか調べます。複数起動禁止処理。

5.ウインドウ領域のスクロール
更新日:1998/10/16 環境:VB6 分類:Window サイズ:7 KB
Form上にコントロールを複数配置し、Formにスクロールバーを設定して、コントロールをスクロールさせます。

6.サブクラス化:第一弾
更新日:1998/02/24 環境:VB6 分類:Window サイズ:4 KB
サブクラス化のサンプルです。サブクラスでは、今まで取得できなかったイベントを認識できます。このサンプルでは、単純なイベント(フォーム移動、サイズ変更、クリック)のみの解説です。
今後、高度な使用方法に発展させていきます。

7.サブクラス化:第二弾
更新日:1998/03/09 環境:VB6 分類:Window サイズ:4 KB
サブクラス化のサンプルです。サブクラスでは、今まで取得できなかったイベントを認識できます。このサンプルでは、ドロップファイルを受け取るロジックを解説しています。
WM_DROPFILES ウインドウメッセージ●Teaching Of API では必須になります。

8.タイトルバーの点滅
更新日:1998/02/02 環境:VB6 分類:Window サイズ:2 KB
フォームのタイトルバーを点滅させます。

9.マウスポインタ位置よりウインドウハンドル取得、クラス名、親ウインドウタイトル取得
更新日:1998/02/17 環境:VB6 分類:Window サイズ:3 KB
フォーム上のアイコンをドラッグして取得したいウインドウまで移動すると、クラス名、親ウインドウのタイトルを表示します。

10.一番手前のウインドウハンドル取得
更新日:1998/03/16 環境:VB6 分類:Window サイズ:2 KB
アクティブウインドウのタイトルに時刻を表示します。


Copyright © 2005 tadahiro higuchi. All Rights Reserved.