サンプル
 .NET-Web(3件)
 .NET-サービス(1件)
 .NET-ネットワーク(1件)

 VB6-GDI(15件)
 VB6-IME(2件)
 VB6-MCI(3件)
 VB6-RAS(5件)
 VB6-Shell(10件)
 VB6-Window(10件)
 VB6-アイコン(1件)
 VB6-インターネット(3件)
 VB6-クリップボード(1件)
 VB6-サービス(4件)
 VB6-システム(14件)
 VB6-セキュリティ(20件)
 VB6-その他(32件)
 VB6-ネットワーク(21件)
 VB6-ファイル(6件)
 VB6-レジストリ(2件)

 VS2005-その他(1件)
 VS2005-ネットワーク(2件)
 VB6 - その他
1.API関数のエラー文字列取得
更新日:1999/02/05 環境:VB6 分類:その他 サイズ:5 KB
エラー定数を参照する事無く、エラー文字列を取得します。

2.Shell関数で起動したアプリケーションの終了
更新日:1998/05/21 環境:VB6 分類:その他 サイズ:3 KB
Shell関数を使用して、「電卓」、「メモ帳」を起動して、これらのアプリケーションを終了させます。
現段階では、「エクスプローラ (Explorer.exe)」の制御は、まだ実現していません。

3.VBでDOSプロンプト
更新日:2000/07/30 環境:VB6 分類:その他 サイズ:14 KB
パイプを利用して、VBフォーム上にDOSプロプントと同様な機能を実現します。簡単に言えば、非表示のDOSプロンプトの入出力をVB側で利用できるようにします。
スレッドを利用していますので、VB5.0のみ対応です。テストする場合は、EXEにしてから実行して下さい。

4.VBでFAX送信
更新日:2001/06/11 環境:VB6 分類:その他 サイズ:3 KB
ある特定のファイルをVBよりFAX送信を行う方法です。Windows2000より提供されるようになったFAXオブジェクトを利用して簡単にVBよりFAX送信する方法を紹介します。
Windows2000のみの対応となっています。また、FAX送信するのにAPI関数は一切使用していません。また、適切にモデムなどが設定されていなければなりません。
解説ページ

5.Windowsの終了
更新日:2001/04/25 環境:VB6 分類:その他 サイズ:2 KB
フォーム上のボタン( 終了、再起動、ログオフ、強制終了 )を選択してWindowsを終了することができます。

6.Windowsの終了(NT対応版)
更新日:1999/06/25 環境:VB6 分類:その他 サイズ:8 KB
Windowsの終了を行います。
WindowsNTの場合、特権を設定してから行わなければなりません。

7.Windowsの特殊フォルダ(デスクトップ、スタートアップ、プログラム、など)を取得
更新日:2001/04/25 環境:VB6 分類:その他 サイズ:3 KB
フォーム上のボタンを押すと、各項目に対する、フォルダ名を表示します。

8.カスタマ(郵便番号)バーコード支援クラスモジュール
更新日:2001/01/19 環境:VB6 分類:その他 サイズ:6 KB
VBよりカスタマバーコード(郵便番号)の出力を支援するクラスです。プロパティを設定する事により簡単に出力する事ができます。ご利用する前に必ずこちらを参照してください。
本サンプルはカスタマバーコード出力ルーチンを理解する為のものです。

9.グラデーションバー
更新日:1999/10/14 環境:VB6 分類:その他 サイズ:22 KB
タイトルバーをグラデーション(Windows98や2000で実装されている機能)表示にするモジュールです。
テクニックとして解説ページがあります。
解説ページ

10.コモンダイアログの拡張
更新日:1999/06/03 環境:VB6 分類:その他 サイズ:13 KB
第一弾:コモンダイアログのフック
特集で取り上げています。解説ページを参照できます。
解説ページ

11.コモンダイアログの拡張
更新日:1999/06/10 環境:VB6 分類:その他 サイズ:9 KB
第二弾:ダイアログリソースの使用
特集で取り上げています。解説ページを参照できます。
解説ページ

12.コモンダイアログの拡張
更新日:1999/06/18 環境:VB6 分類:その他 サイズ:19 KB
第三弾:コモンダイアログの拡張
特集で取り上げています。解説ページを参照できます。
解説ページ

13.タイマーイベント発生
更新日:1998/04/22 環境:VB6 分類:その他 サイズ:3 KB
APIを使用してタイマーイベントを発生させます。

14.タイマーコントロール Vs マルチメディアタイマーAPI
更新日:1998/03/19 環境:VB6 分類:その他 サイズ:3 KB
VBのタイマーコントロールとマルチメディアAPIとのイベントの比較をおこないます。

15.デフォルトプリンターの設定
更新日:1998/05/06 環境:VB6 分類:その他 サイズ:4 KB
APIを使用して通常使うプリンターを設定します。

16.デフォルトプリンターの設定
更新日:1998/06/23 環境:VB6 分類:その他 サイズ:4 KB
Windows95.WindowsNT4.0で通常使うプリンターを設定します。

17.テンポラリファイル名取得
更新日:1998/04/13 環境:VB6 分類:その他 サイズ:2 KB
テンポラリファイル名(一時ファイル)を取得します。

18.バーコード支援クラスモジュール(NW7版)
更新日:2000/09/21 環境:VB6 分類:その他 サイズ:6 KB
VBよりバーコード(NW7)の出力を支援するクラスです。プロパティを設定する事により簡単に出力する事ができます。
本サンプルはバーコード出力ルーチンを理解する為のものです。現時点では、NW7にしか対応していません。
解説ページ

19.パイプを利用した通信方法
更新日:2000/10/20 環境:VB6 分類:その他 サイズ:7 KB
パイプサーバにパイプクライアントよりデータを送信し、送信された内容に対したデータをパイプサーバから受け取ります。
サーバ側は同期処理を行っているので、実行中はロックした状態になります。また、サーバ側はWindowsNT/2000でのみ実行できます。

20.フォーム上以外でのマウスクリック検知
更新日:1998/02/14 環境:VB6 分類:その他 サイズ:2 KB
フォーム上以外の場所でのマウスクリックを検知し、クリック座標を取得します。

21.プリンター設定ダイアログの表示
更新日:1999/04/20 環境:VB6 分類:その他 サイズ:3 KB
プリンター設定ダイアログを表示します。

22.ホットーキー制御
更新日:1998/11/02 環境:VB6 分類:その他 サイズ:5 KB
ホットキー(アクセス キー)を設定し、押された時の制御を行います。

23.ポップアップメニューの表示
更新日:1998/03/11 環境:VB6 分類:その他 サイズ:3 KB
ポップアップメニューを任意の位置に表示します。PopupMenuメソッドに似ていますが、クライアント領域外でも OK です。

24.マウスカーソルの位置取得、設定
更新日:2001/04/25 環境:VB6 分類:その他 サイズ:2 KB
フォーム上のボタンを押したマウス位置の取得、マウスの移動。

25.マウスカーソルの移動範囲取得、設定、表示、非表示
更新日:1998/01/29 環境:VB6 分類:その他 サイズ:3 KB
マウスがフォームより外に出れない様にする。マウスカーソルの表示、非表示。

26.メニューにアイコンを表示
更新日:2001/04/25 環境:VB6 分類:その他 サイズ:4 KB
フォーム上のメニューにアイコンを表示します。

27.メニュー関連API関数
更新日:1998/06/01 環境:VB6 分類:その他 サイズ:10 KB
VBのメニューエディタを使用せずに、メニューを最初から作成します。最近使ったファイルを登録できます。各メニューのイベント処理には、サブクラス化を行って対応しています。
通常はこの様な処理を行わず、VBのメニューエディタを使用する事をお勧めします。

28.関連する実行ファイル名の取得
更新日:2001/04/25 環境:VB6 分類:その他 サイズ:2 KB
フォーム上へエクスプローラよりファイルをドロップすると関連する実行ファイルをラベルに表示します。

29.最近使ったファイルへのリスト追加、クリアー
更新日:2001/04/25 環境:VB6 分類:その他 サイズ:2 KB
フォーム上のボタンを押して、スタートメニューの最近使ったファイルへ追加、クリアーします。

30.長いファイルパスを短いファイルパスに変換
更新日:2001/04/25 環境:VB6 分類:その他 サイズ:2 KB
Program Files フォルダ名を短い形式に変換して表示します。

31.日付フォーマットを列挙
更新日:1999/01/18 環境:VB6 分類:その他 サイズ:3 KB
コントロールパネルの「地域」の「日付」で設定できるフォーマット文字列を列挙します。

32.利用可能なフォントを列挙
更新日:1998/09/24 環境:VB6 分類:その他 サイズ:4 KB
利用可能なフォントの列挙を、API関数を使用した場合、Screenオブジェクトを使用した場合の方法を解説しています。


Copyright © 2005 tadahiro higuchi. All Rights Reserved.