| ホーム | 掲示板 | 特集 | サンプル | Tips | リンク | その他 | blog 

Tips
[VS2003]
 日付時刻の演算
 ListBoxにファイル一覧
 ファンクションF10
 WMIでサービス一覧
 YAHOO検索エンジン
[VS2005]
 Administrator権限チェック
 非同期ExecuteReader
 非同期ExecuteReader(CallBack)
 パスの結合
 ファイルを圧縮して保存
 コントロール配列の実装
 DataGridViewのCellイベント
 CSVファイルをDataGridViewに表示
 DataGridViewのリンクセルを見やすく
 DataGridViewマウス右ボタンで選択
 DataGridViewスクロール制御
 DataGridViewのCell移動をEnterで
 DataRepeaterコントロール
 GZ圧縮ファイルを解凍
 ファイルの削除
 ディレクトリ有無チェック
 ファイルのダウンロード
 非同期ファイルダウンロード
 ドライブの一覧
 ファイルのコピー
 ファイル有無チェック
 テキストファイルを読み込む
 特定の文字列を含むファイル検索
 フォームを表示(Show)する
 フォルダ一覧取得
 ドライブ詳細情報取得
 ファイル一覧取得
 テンポラリファイルパス取得
 継承コントロールの作り方
 フォルダの移動
 ファイルの移動
 My.Settingの利用
 MySQLCommandで抽出
 MySQLDeleteCommandで削除
 MySQLInsertCommandで挿入
 MySQLSelectCommandで抽出
 MySQLUpdateCommandで更新
 ネットワークに繋がってる?
 ネットワーク接続イベント取得
 固定長テキストファイルを読む
 Oracleストアドファンクション呼出1
 Oracleストアドファンクション呼出2
 OracleのLong Row型の画像を表示
 OracleのLong Row型をファイル保存
 Oracleパラメータクエリ実行
 ORACLE接続文字列生成
 VS2005でPing
 非同期でPing
 VB6のPrinterオブジェクトを.NETで
 Reportでテーブル形式表示
 ReportViewerでパラメータ設定
 メール送信
 非同期でメール送信
 メール送信(MailMessage利用)
 シリアル通信プログラム
 シリアル通信(文字列送信)
 二重起動の禁止
 特殊フォルダ取得
 スプラッシュウインドウ表示
 テーブルへ複数行の挿入
 CSVファイルをテーブルへ挿入
 テーブルへ複数行の挿入(マッピング)
 SqlBulkCopyで郵便番号データ処理
 SQL Server接続文字列生成
 Stopwatchで時間の計測
 システムサウンド再生
 CSVファイル読み込み
 固定長テキストファイルを読む2
 TableAdapterでTransaction
[VS2005] 非同期ExecuteReader 2005/09/26
ADO.NET2.0より実装されました。以下の例ではデータセレクトをしていますが、実際にはストアドプロシージャを呼ぶ場合などに利用すればいいですね。

BeginExecuteReaderでCallBack先を指定する事もできます。この処理方法は非同期ExecuteReader(CallBack)を参考にしてください。

Imports System.Data.SqlClient

Public Class Form1

    Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.ObjectByVal e As System.EventArgs) _
                                                                       Handles Button1.Click

        Dim builder As New SqlConnectionStringBuilder
        ''SQL接続文字(Settingなどを利用しましょう)
        With builder
            .UserID = "userid"
            .Password = "password"
            .DataSource = "server"
            .InitialCatalog = "database"
            .AsynchronousProcessing = True      '非同期を有効
        End With

        ''SQL接続
        Using conn As SqlConnection = New SqlConnection(builder.ConnectionString)
            ''SQLコマンド
            ''非同期を実感するためにWAITFOR DELAYで一時待機させます
            Using cmd As New SqlCommand("WAITFOR DELAY '00:00:03';" & _
                                        "SELECT COUNT(*) AS ALL_COUNT FROM TABLE", conn)
                ''コネクションオープン
                conn.Open()

                ''非同期で実行
                Dim iar As IAsyncResult = cmd.BeginExecuteReader()
                Console.WriteLine("処理開始")

                ''処理が完了するまで待機
                Console.Write("処理中")
                While Not iar.IsCompleted
                    Console.Write(".")
                    System.Threading.Thread.Sleep(500)
                End While
                Console.WriteLine()
                Console.WriteLine("処理終了")

                ''データ取得
                Using dr As SqlDataReader = cmd.EndExecuteReader(iar)
                    If (dr.HasRows = TrueThen
                        If (dr.Read = TrueThen
                            Console.WriteLine("{0}件取得しました", dr("ALL_COUNT"))
                        End If
                    End If
                End Using
            End Using
        End Using

    End Sub

End Class

Copyright © 2005 tadahiro higuchi. All Rights Reserved.