Animation-概要

WPFで提供される機能でアニメーションを簡単に実現する為に、色々なクラスがSystem.Windows.Media.Animation名前空間で提供されています。ここでは、それらの一部の機能を紹介していきます。

簡単に説明すると、今まではアニメーション(動きを付ける)を行うには、タイマーなどの時間を管理する機能を利用して、アニメーションターゲット、開始値、終了値、増減値などを設定する事により、アニメーションを実現していたと思いますが、新しく提供された?????Animationを利用する事により、今までの手順を踏まずに簡単にアニメーションを実現する事が可能になります。

?????Animation?????は増減するものが、どのような型なのかを指しています。すなわち、Double型の場合なら、DoubleAnimationクラスを利用し、Rect型ならRectAnimationクラスを利用するという具合です。

提供されているクラスの数が多いので、ここでの説明は割愛させていただきます。
詳しくは、こちらを参考にして下さい。