DataBinding-概要

WPFと言えば、様々な視覚効果(UI)などを容易に実現できるというのが、一番の魅力ですが、実際にデモなどで利用されているような派手なUIを実装するアプリケーションは、分野がかなり絞られると思います。(個人的な見解です)

私自身、WPFのそれらの魅力的なUIを実装するシステムを作成する事は、ほぼありません。まだWPFの利点を把握していないからですが・・・
では、実際に何が必要なのかと言うと、データ(DB)をどれだけ効率良く表現・利用できるかと言う事です。これらの事が行えてから、WPFの視覚効果を利用する事になります。

では、WPFでどのようにデータ(DB)を扱えるかと言う事を説明したいと思います。

参考資料としては、
Windows Presentation Foundation データ バインディング:パート 1
Windows Presentation Foundation データ バインディング:パート 2
が参考になります。これらの資料を一通り読めば、理解できるので、私のページは不要かもしれませんが、個人的な勉強な場として公開します。